ホーム > カー製品情報 > RCAインターコネクトケーブル【SR1 Chronos】

カー製品情報

RCAインターコネクトケーブル【SR1 Chronos】

RCAインターコネクトケーブル(MONOタイプ)

(0.5) 0.5m×2
(0.75) 0.75m×2
(1.0) 1m×2
(1.5) 1.5m×2
(2.0) 2m×2
(2.5) 2.5m×2
(3.0) 3m×2
(3.5) 3.5m×2
(4.0) 4m×2
(4.5) 4.5m×2
(5.0) 5m×2
(5.5) 5.5m×2
(6.0) 6m×2

*その他の長さでも特注対応致します。詳しくは、当社商品取扱店までお問合せ下さい。

導体は高純度銀をコートした無酸素銅を使用(+側0.18×19本、−側0.18×19本、横巻シールド0.12×59本)

絶縁材には低誘電損失と各周波数での誘電率のずれを生じさせないハイフロンFEPを導体及び外部シールドにも使用したデュアルハイフロン構造。

伝送ラインのホットとコールドを各芯構造とし、高周波領域での位相ずれを極小化し、絶縁導体間に空気層を含んだ介在綿糸を入れた構造とすることで、低音域での静電容量の上昇を防止。

導体においても最適な導体の太さと本数、撚りピッチを高次元でバランスさせた同心撚りを行い、時間軸のずれを極小化し、正確な位相、自然な音場を再現。

制振、ノイズ対策に金属成分を含まない特殊配合の導電体カーボンシリコンを採用し、低ノイズ化、低インダクタンスを両立させ、自然で全体域にわたる静寂性を実現。

長期安定性向上のために特殊皮膜を採用し、また和紙を複合させる事により帯電低減などの長期信頼性をも向上。

RCA/XLRプラグ部においては、伝送ロスを極小化させ、音色の統一感を再現させるため導体と共通の純銀をコートしたプラグを採用。

抜群のチャンネルセパレーションを約束する完全モノラル構造とし、時間軸を大切にした設計により正確で明瞭な音場を実現させたリファレンスハイエンドモデル。

仕様

RCAインターコネクトケーブル

RCAインターコネクトケーブル仕様表

※FEPはフロロナイズドエチレンプロピレンの略です。中でも、ハイフロンFEPはその特性の優秀さから、半導体製造装置、ロボット分野、医療機器分野へも数多く利用されております。



Page Top